« レアルマドリードVSカディス | トップページ | こんな青、見たことない! »

2006年1月24日 (火)

ノンフィクションはドキュメンタリー

今日の英会話でひとつ重要なこと!?を教わりました!(^-^)!

それはですね~

実在に基づいたドラマはノンフィクションではない!フィクションだ!!ということ。


ノンフィクションと言えるものはドキュメンタリーのみだそうです。

そうなんだ~~~(^^) 

普段、実在する人物の名前だったり内容が組み込まれていたらノンフィクションって言っちゃうでしょーーーっ!

でもそういうのは、大きく話を作られている部分もあるからノンフィクションではないらしい。。。確かにそうかもしれません^^;


だからこういうドラマのことを英語で表現する時は、Based of real drama(TV show)という形で表現するみたい(^0^)/

たしか・・・そう・・・・・たぶん(^^;)

教わったばかりでこれだよっ(笑) すまないっっっ^^;



日本で勝手に解釈が変わっているものもあるから、ちゃんと勉強していかないと!って改めて思いましたよっ

|
|

« レアルマドリードVSカディス | トップページ | こんな青、見たことない! »

コメント

的外れなコメントですが、
世の中にはノンフィクションやドキュメンタリーなんて、そうはないような気がします。
だいたい他者の心中なんて
勝手に想像して解釈するしかないわけで
微妙な心の機微なんて忠実に表現しきれない。
何がしか、伝える側の思惑が入ってるんじゃないかしら。
だから「Based of real drama」という表現はすごく正しいと思います。日本のドラマの最後にも「このドラマは・・・」なんて、和訳した同じような内容の文章が出ますもんね。

まぁそんな屁理屈はともかく、
英会話ガンバレー!!!

投稿: ロッキン | 2006年1月24日 (火) 13時28分

ロッキンさん

そうですね~。制作する人がいるってことは、やはり何かしら感情が入り込んでしまうかもしれないですね!

英会話、コミュニケーションとれるくらいになるまではなんとかがんばりますっ!(^-^)!

投稿: MiKi | 2006年1月24日 (火) 22時36分

この記事へのコメントは終了しました。

« レアルマドリードVSカディス | トップページ | こんな青、見たことない! »