« R.マドリードVSA.マドリード | トップページ | Elementary→Pre-intermediate! »

2006年3月 7日 (火)

Favourite Books.2

さてさて私のお気に入りの本、第2弾!! なんてそんな大げさなもんではありませんが・・・

アガサ クリスティの代表作


そして誰もいなくなった  And Then There Were None      1939年 


そして小さく英語で「Ten Little Niggers」と書かれていましたが、英会話の先生にこの題名を言うと・ ・ ・おかしい! と言われました。

私も「この題名はいいのかなぁ~」とは思っていたけど、本に載ってるんだからいいのだろうと先生に言ったわけで^^;

実は「Nigger」とは黒人への人種差別的用語。
今、使う人はいません。と信じたい。。

だから先生も「使うならIndianだよね。Niggerはダメだよね~^^; 」みたいな表情をしていました。

でもやっぱり本には書かれているし、気になるのでちょっと調べてみると・・・

もともとアメリカで作られた童謡が1860年代にイギリスで改作されたそうです。
1960年代まではイギリスで黒人を見ることはなかったらしく、「Nigger」に偏見の意味があるということも感じなかったのでしょう!という事なのです。

この「Ten Little Niggers」も正しい題名だったんですね。でも差別的用語だということが、現在の「Indians」に変わったのでしょう。


もう欧米では、この「Niggers」は使われていないし、この題名があったのも知らない人も多いのかもしれない。先生も知らないはずだわ^^

なんかぜんぜんこのSTORYには触れないで終わりそうですが(笑)

まぁ~ ちゃんと読んだことがないっ!という方、マザーグースが好きな方には、おすすめしますよ(^-^)

なんせ



そして誰もいなくなった     10人のインディアン


ですからね~~~~~~~☆


題名だけで読みたくなるぅ(^^)

|
|

« R.マドリードVSA.マドリード | トップページ | Elementary→Pre-intermediate! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。