« Italian | トップページ | DAISUKI »

2006年10月12日 (木)

Good? experience.

アジアカップ最終予選・・・インドvs日本は0-3で日本の勝利。

正直もっと点を取ってもらいたかったです。
おもしろみに欠けるし勢いもさほど感じられない。

まぁそんな感じで試合は終わりましたが、、、その試合中の誰かの言葉で
「ここの国の人たちは大きい目で好奇心旺盛・・・」と言っていて私は思い出しちゃいました!この国での旅のこと!!

ここからは長いので適当に読んでください(^^)

航空会社はエア・インディア
サリーを着た機内乗務員たちに迎えられる。ヒマラヤ山脈が見えるとアナウンスで教えてくれて速度を落としてくれた。とても親切♪でも機内食は辛すぎて食べれなかった。

空港到着してあらかじめ調べておいた政府が営んでいるタクシー会社の窓口へ行く。
予約後、「向こうで待ってて」と言われ歩いていくと男が手招きをしてきた。付いていきそうになると手配したタクシーの運転手と助手がその男を追い払い「こっちだよ!」と言った。
危なく付いていくところだった~(^^;)
しかしこのタクシー会社もおかしい。ホテル直行しないで自分たちのオフィスへ立ち寄る。そして・・・「明日はどうするの?あさっては?良い観光があるよ^^ 」
「明日もあさってもいらない。ホテルへ行って!」と言うと「大丈夫だよ。電車の切符手配しようか?」と言ってくる。黙ってると奥に酒飲んでる日本人青年がいて「この人たち悪い人じゃないよ^^ 」と言う。
こんな酔っ払いに言われたくない!
しかも「No problem」と。
出たーーーっ。この言葉!要注意のフレーズだぁ(笑)
もう自力でホテルに行ってやるぅ~と思い、友達2人と外へ出ようとすると、やっと車を動かしてくれた。そしてホテルへ・・・
チェックインしてるときも外で待ってたらしく、ホテルにいた別会社のツアーガイドさんが「まだいるからはっきり断ったほうがいいよ。」と言ってくれたが、そこは強気に放置しておいたら朝はもういなかった^^;
翌朝、ホテルの人に駅を聞くとここの通りをまっすぐ行くと5分で着くと言われ、言われたとおりにだだっ広い通りを歩いていくと・・・・・着かない(苦笑)着かないけど付いて来たのは原動付三輪車(オートリキシャー)だけ。。
「乗らない?」と聞いてくる。もちろん「No.」でも「何処行くの?」と聞いてくる。
「駅まで行くの。」と言うと「ここまっすぐだよ。」と言う。
「どれくらいかかるの?」と聞くと「すぐだよ!乗らない?」と言う。
もう!なんなの!!乗りません!!!
あんたたちのすぐはどんだけのことを言うのよぉ(--;)
それでもこの繰り返しの話で駅まで付いてきた(笑)
案内してんのか客引きしてんのかわからないんだよね。ほんとはじめは疲れる。

このときから雑踏に大声で日本語が聞こえるようになったとさっ^^  By マイフレンズ
怒鳴り声です。

次の日は予約した電車に乗り遅れた。
ちなみにインドは通常大幅に大幅に発着が乱れます!っがこの時は奇跡的に定刻で出発だったのです。インドで乗り遅れる日本人はいないでしょうね。
しかしながら私たちはめげずに次の電車まで市場へ買い物しに行き・・・挙句の果てに時間ギリギリ~~~いつもは付きまとわれるリキシャーも大晦日のために帰宅ラッシュ!で捕まらず~~~やっと捕まえた1台に値切ろうとしたら逃げられそうになり、3人で必死に摑まる(^^;)ちょっと高めの値段(私たちにしては)だけど無事に駅に到着。


そしてこれから予想以上の電車の旅と新たな体験があるのでした(^-^)v

|
|

« Italian | トップページ | DAISUKI »

コメント

インドの噂はよく聞きますが、本当にそんなとこなんですね。
でも、ちょっと人間っぽくっていいかも。
一度は行ってみたいです。

投稿: goleador14 | 2006年10月12日 (木) 23時05分

goleador14さん

たしかに人間っぽいかも!
腹時計で動けますよ(笑)
野生に戻りたい時は行くと良いかもしれません。

この人たち悪気は全く無いのでいつもニコニコしてるから余計に腹が立つんですよね~^^;

投稿: MiKi | 2006年10月13日 (金) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136861/12250099

この記事へのトラックバック一覧です: Good? experience.:

« Italian | トップページ | DAISUKI »