« DAISUKI | トップページ | 疲れたので…『!!』 »

2006年10月14日 (土)

Good?experience.2

あのインド戦で思い出してしまったから^^;言葉にするの下手だけど記事にしてしまえ~!と思い、続きをここに載せます☆

でもまた長いから・・・お時間あるときにでもどうぞ(^^)


追記:インドではタバコを一本ずつ売っています。
        だから外国タバコは特に高価なものです。
        なんせ2000年で1ルピー3.8円でしたから。
        それを踏まえてお読みください。

デリーから電車に乗り、そこで年越しを迎える。
NEW YEARになった瞬間、係りのお兄ちゃんとおじちゃんがノックなしにドアを開けて「HAPPY NEW YEAR!」と入ってきた。
まぁおめでたい時なので進入は許してあげた(笑)
そして私は市場で買ったバンジャービドレスに着替えた。
ここからはこの格好で旅をする。
朝、起きてからすぐに朝食を持ってきてもらう。友達があのお兄ちゃんにチップをあげたら「???」だった。そしておじちゃんがそれを見てニコニコしながらお兄ちゃんからお金を取る。そこで私は気が付いた!!
友達はドルをあげてしまった(:_;)
「あれ、ドルじゃない?」・・・・・・・・・・「ぎゃーーーっ!」
すぐに友達は取り上げ、ルピーをあげてました(苦笑)
お兄ちゃんは理由わからず、おじちゃんはちょっとがっかり。
そしてもちろん到着時間が過ぎてもまだ駅に着かず。結局、約5時間遅れで到着。
しかし目的地ペナレス(ヴァナラシィ)駅ではないのでリキシャで移動する。
なんか知らないけど私たちが乗ってるのに1人2人と相乗りしてくる。お金はちゃんと払っていたのかな?と見ていたけど一応みんな払っていた。ちゃんと交渉したからボラれてもいなそうなので良かったぁ(^-^)
ガンジス川からボートでペナレスの有名なガートを目指す。
そこでまた値段交渉。そしてまあまあの値段で成立!
しかしオフィスの人とボートを実際に漕ぐ人の値段交渉がまとまらない(笑)
最後までまとまらないがボートを動かし始めた!?どうするのかな。
私たちはそれ以上は払わないよ^^;
そして川に浮かんでる神聖な牛火葬場になっているガートを見ながら到着。
もちろん交渉した値段を払って、さっさとそこから立ち去った。
安宿に泊まって、次の日は観光。イスラム教徒しか入れないモスクを隣の無料の建物の2階から見学。だがしかし・・・無料は甘かった!
ひと通り見終わると何人か上がってきた!!ピンチ~~~。シルクなどを売りつけようとするしドアも塞がれそうになった・・・。
でもここで負けていられない。
飴とかタバコとかで釣りながら逃げるーーーーーっ!
最初は腕とか摑まれそうになったけど向こうも諦めが早く最後はタバコくれ(^^)と言って、あげたら逃れられた。
その後、ペナレス駅の外国人専用オフィスでタージマハルで有名なアグラ行きの切符を買おうと入るが・ ・ ・「今日はもう営業終了だから。また明日。」と、さっさと帰って状態だった!そんな訳が無い!!まだ6時になってないから(営業時間6時まで)!ドアもまだ閉めてなかったじゃん!
でも何度交渉しても聞いてくれなくて6時になっちゃったから諦めた。翌日、宿のオーナーにお願いをする。「そこの店員がおかしい。うちの従業員に切符取ってきてもらうよ。」と言ってくれたので頼んだ。そして「取ってきたけどファーストクラスは取れなかったよ。とりあえず乗車券だけ取ってきたから。あとは駅の人に頼んで追加料金払えばきっと大丈夫。」
「えっっそんなに簡単なことで寝台席に乗れるの?」と思いながら一先ず安心したのでした。ふぅ~~~。
その次の日早朝、友達2人はガンジス川へ行く。そのうち一人は沐浴をしたみたい(笑)
私はというと・・・自分でも信じられないけど風邪引いた^^;本当に病気知らずの私が体調崩した(^-^;)恐いところです。インドという国は。
そして沐浴した子が前日に「もう1日ここに泊まりたいので2人でアグラへ行ってほしい」と言われたので(すごい子ですよ!この子は^^ )午後、別れる。
デリーで合流することに。


そしてまた2回目の電車の旅が始まるのでした。

|
|

« DAISUKI | トップページ | 疲れたので…『!!』 »

コメント

ついつい最後まで読んじゃいましたが・・・インドって怖い所なんですねぇ(汗)
国民の皆さんの商魂がたくましすぎるってのと、Mikiさんがたくましく成長されたのはその旅が・・・いや何でもないんです。
煙草って海外だと高いもんですよねー。
私は吸わないんですけど、友達は安い紙煙草を製作して吸ってました。
マルボロが1300円くらいするんですよねーロンロンは。
後ね、沐浴した人(女の子?)はMVP獲得。
Mikiさんも次回は病気に負けずMVPを目指しませう。

投稿: Fillipo | 2006年10月14日 (土) 07時25分

インドってタバコ1本売りなんですか…?
俺じゃ絶対生活できないww

投稿: matsu | 2006年10月14日 (土) 13時44分

Fillipoさん

やっぱり私、たくましいですかねぇ(^^;)友達2人が私とはまったく正反対の性格なので現地人とこの2人に鍛えられたのかもしれません。
タバコは高いですよね!とくにロンロンは^^
よくみんな高いのに吸ってるなぁ~って思います。
>沐浴した人(女の子?)はMVP獲得。
ほんとですよね。インド人もびっくり!!だったみたいです(笑)
このあと一人になった彼女は、火葬場のあるガートに行ってきたと言っていました。さすがに「死を待つ場所」という館には行けなかったそうですが。

投稿: MiKi | 2006年10月14日 (土) 22時30分

matsuさん

インドは貧しい人も多いから、そんな人は1本ずつ買っていました。
このあと出てくるガイドに「日本の3万円はこっちの1ヶ月の生活費だ」と言われたくらいですからね。
珍しいタバコ売ったら大もうけできるかも☆

投稿: MiKi | 2006年10月14日 (土) 22時39分

バンジャービドレスって、前に画像でのっかってたやつですか?
旅行記を見るのは楽しいですね。
また、のっけてください。

投稿: goleador14 | 2006年10月16日 (月) 14時27分

goleadorさん

そうです。そのバンジャービドレスです(^^)
長いのに読んでいただいて嬉しいです。
インドは普通ではなかったのでもう6年以上も前のことなのにこんなに覚えてます(笑)
この続きも載せますのでまたよろしくお願いします☆

投稿: MiKi | 2006年10月16日 (月) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136861/12270923

この記事へのトラックバック一覧です: Good?experience.2:

« DAISUKI | トップページ | 疲れたので…『!!』 »