« DER UNTERGANG | トップページ | 大晦日 »

2006年12月30日 (土)

フィギュア

28日、29日と全日本フィギュアが行われてました。

久しぶりに2日間放送していた全てを見ることができたんですけど・・・
こんなにレベルが高かったのか!というくらい見ごたえがありました。

男子の高橋大輔選手のとき、いつも「トリノで始まってこの大会で素晴らしいフィニッシュを迎えた!」みたいなことを言われてました。
まったくその通りだと私も思いました(^^;

こんな素人の私に言われたくないとは思うけど、本当にトリノオリンピックの時は「やっぱり日本人はこれまでか・・・」と思っていました。
しかもちょうどロンドンで見ていたから、放送の中で注目されることもなくミスばかりがめだっていました。
だからこの大会での演技は本当に見違えるくらい素晴らしかったです☆
トリノからこの大会の間の期間は見ていないから尚更、成長したのがわかる!!

本当におめでとうございます。

そして浅田真央選手・・・16歳とは思えないほぼ完璧な演技。
ジャンプも素晴らしかったけど、表現力が本当に素晴らしかったです(^^)
ジャンプが上手いか飛びぬけた表現力があるか、どちらかしか持ってない選手が多い中、彼女は両方を持っていると思いました。

こちらもまたおめでとうございます。

日本のレベルが高すぎると思った2日間でした(^-^)

|
|

« DER UNTERGANG | トップページ | 大晦日 »

コメント

はじめまして。真央ちゃんのSPを見た時、だいぶ表現力もついたなぁと思ったけど、フリーでは、正直まだ表現すると言う域まではいってない気がしました(いや、個人的感想です、あくまで^^)
といっても、スケーティング技術は天下一品です。その技術を持ってすれば、現在の採点法では、失敗さえなければ、高得点間違いなしなんですけどね^^。

投稿: カイト | 2006年12月30日 (土) 07時33分

カイトさん

はじめまして(^^)
たしかにカイトさんのような見方、受け取り方をする方たちのほうが多いと思います☆

投稿: MiKi | 2006年12月30日 (土) 22時19分

この記事へのコメントは終了しました。

« DER UNTERGANG | トップページ | 大晦日 »