« 表と裏?! | トップページ | 息抜き »

2007年1月 5日 (金)

ポンペイ

ポンペイ

南イタリア最大の都市、ナポリ。
そこから電車で約30分のところにポンペイがあります。
そう、このポンペイこそヴェスヴィオ火山噴火で一瞬にして消えてしまった古代の街があるところなんです。

紀元79年8月24日、その噴火が起こり…そしてポンペイの街は姿を残すこともなく埋もれ消えました。
噴火直前まで商業地、別荘地として栄え人口は1万〜2万とも言われています。

現在は世界遺産として登録され世界中からの観光客を迎えています(^^)
一度入場するとポンペイの街が広がっていて規模が大きい!!
ただ飲み物持参じゃないとヘトヘトになって大変なことになりますけどね^^;
あと春&夏に訪れる人は日射病対策を忘れずにo(^-^)o
何しろここは実際にあった街なんだからただただ広いよ(笑)

ではいくつか写真でご紹介しちゃいますね☆

ポンペイ  仲通だったかな。

ポンペイ

↑は当時の居酒屋。 手前がカウンターで奥がおそらくキッチン。

ポンペイ 公共の水道。

ポンペイ

街の広場。いくつか広場はあったけど、どれも栄えていたのがよく伝わってくるほど大きなスクエア(サーカス)でした。

ポンペイ 鮮やかなポンペイの赤。



どうですか^^
言葉より写真のほうが感じられるかなと思ったので・・・こんな感じに載せてみました。

ここは何度も言ってるようにほんと広い!
だからツアーですべては周りきれないと思うし、自分で地図を見ながらじゃないと何処が何なのかわからないかも。

ナポリからガタゴトと電車で1日かけてゆっくり見ることをおすすめしますよ♪

ちなみにまだ発掘途中の場所もありました。
これからどんどんポンペイ遺跡は広がっていく?!

|
|

« 表と裏?! | トップページ | 息抜き »

コメント

紀元79年?そんなに古い話だったのですか・・・世界史で受験したのに・・・。
写真も相変わらず綺麗に撮れててイイっすね。
というか、かなりシッカリと街の風景が残ってるんですね?
居酒屋って・・・やっぱり昔の人もカウンター席でクダまいたりしてたんですかね。

>埋もれて死んでいった人たちもそのままの形でリアルに残ってました。(体育座りしたままとか)
そんなリアルなものを見てしまったら男だって悲鳴あげたくなりますよ(T▽T)
そういう体験がMikiさんをよりたくましいお嬢さんにしてしまったのですね(<?)

投稿: Fillipo | 2007年1月 6日 (土) 01時01分

Fillipoさん

くもり雨の空模様だったので写真はどうかなぁ~?と思いましたけどけっこうきれいに撮れてて良かったです!
>かなりシッカリと街の風景が残ってるんですね?
ポンペイ遺跡は同じような遺跡のローマのフォロ・ロマーノとかよりもしっかり残ってます。
たしか高熱の火山灰の下に埋もれたため湿気ることもなく良い状態で残っていると言う話です。
きっとミイラのような感じでしょうね。
居酒屋でクダをまく・・・そうだと思います(^^)
この酒場に行ってみたかったかも(笑)

人の遺跡を見たときは何とも言えない状況になりましたよ。でもすぐに立ち去りたくなる!というよりは、ず~っと見続けていた気がします。
私はやっぱりたくましくなってしまったのでしょうか^^;

投稿: MiKi | 2007年1月 6日 (土) 01時55分

やはり南イタリアはいいですね
ポンペイは治安が良くて一人でも歩けそうですね
こういう石畳の街の風景は歴史を感じさせますね
やはり博物館などで見るより
街の空間の広がりが実感できて楽しいですね。
柱は大理石でしょうか?

投稿: fiore | 2007年1月 7日 (日) 00時20分

fioreさん

ここより南下していくとアフリカの文化も取り入れられていて面白いものが見れますよ。
とくにシチリアはアフリカの影響を受けていますね!
博物館ではたしかに味わえないものがここでは肌で感じられます(^^)
本当にここで人々が生活していたんだ!っていうのが伝わってきましたね~。
>柱は大理石でしょうか?
どうでしょうね~^^
この写真の柱は通りにあったものなので解りませんが、神殿では利用されていたかもしれませんし、フォロといわれる公共広場の建築物の床は大理石で舗装されていたそうです。

投稿: MiKi | 2007年1月 7日 (日) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136861/13346497

この記事へのトラックバック一覧です: ポンペイ:

« 表と裏?! | トップページ | 息抜き »