« 伝統的なお菓子 | トップページ | お城の中の教会 »

2007年5月 4日 (金)

あってはならない話

映画を見ました。
『ホテル ルワンダ』という映画です。
ストーリーは1994年、フツ族民兵によってツチ族を大虐殺した頃の実話に基づいて作られた物語。
ちなみに50万人以上を超える虐殺が行われたと言われています。

私はひとつ、頭に残った言葉がある。
白人カメラマンがホテルから出て行くときある黒人女性に「助けて!私も連れて行って・・・」と言われて自分の持っているお金を渡して去っていく途中、土砂降りの中で傘を差していなかったカメラマンにホテルマンが傘を差してあげた。
その時カメラマンが「そんなことしなくていい!恥かしい。。」と涙ながらに自分を恥じていた。
率直な言葉ですね。。
私もきっとここにいたらそう思う。そしてバスに乗ってその場所を離れてしまうと思う。


ルワンダの位置が解らない方、地図で確認を^^

続きは映画とは関係ないので読みたい方だけどうぞ・・・

私は以前、ドキュメンタリー番組で見た北アイルランドの話を思い出した。
ある1本の道を挟んで対立しているカトリック系住民とプロテスタント系住民。
会話をするどころか会ってもあいさつすら交わすこともない。
緊迫状態が続いてるが子供たちの学校はひとつ。
同じ教室で一緒に勉強してる。
それでも家に帰ると敵同士、さみしい・・・。
でも年に1度だけ街全体が仲良しになれる日がありました☆
たしかその日は「イースター」
この日だけはみんなでお祭り騒ぎが出来る日^^と子供たちも喜んでいた姿が。
でもそれが終わればまたいつもの日々。

1本の道しかないのにね、下手すれば争いになっちゃうんだよ!
やっぱり日本人には・・・う~ん(。。)
でもお互いに少しでも相手を思う気持ち持って欲しいかな。。と対立している方々に言いたい。

あと~こういう紛争に何も気にも留めない日本人がいたら・・・気に留めて考えてほしいかなぁ。
気に留めて何になる!それだけじゃ何も出来ないじゃないか!!って思うかもしれないけど、何も出来ないのは私も同じで・・・
ひとつの小さな気持ちから生まれて何かができる事だってある!と私的には思い続けているんだけどね。

な~んて偉そうに書いちゃった^^;
すみません。。。

|
|

« 伝統的なお菓子 | トップページ | お城の中の教会 »

コメント

こんにちは。私もこの映画見ました。
今、現在でも大勢の難民がアフリカで生活していると思うとなんとも悲しいですが・・・
政治とか人種とか難しいですね。
唯一世界中が平和になれる日がイースターですね。
世界中の人が平和を願う気持ちは同じなのですが、
バチカンでイースターを過ごしてみて本当にそう感じました。

投稿: fiore | 2007年5月 5日 (土) 18時30分

fioreさん

悲しいお話ですよね!
この映画を観たあと何を!と言うわけではないですが・・・考え込んでしまいました。
その度に涙はこみ上げてくるし(。。)
この映画のもとにもなっている内戦が飛び火になってしまい近隣諸国の内戦が始まったそうです。
>唯一世界中が平和になれる日がイースターですね。
そうかもしれないですね^^
ヨーロッパの人々があんなに楽しみにしているとは思いませんでした。
私もあの日プラハにいて良かったと思いましたー☆
それにしてもfioreさんはバチカンでですか(^^)
良いところでイースターを過ごされましたね!

世界中に幸せが来ることを祈りましょう。

投稿: MiKi | 2007年5月 5日 (土) 22時44分

お?見たんですね。
私はある程度話題になってたのは知った上で見たので最後は家族で国外脱出成功となり、少し救われた感じはしました。

>白人カメラマン
あのヒゲぶりには見ていて全くホアキン・フェニックスだと気付きませんでした・・・^^;
脇役も相当気合入ってましたよね。

>北アイルランドの話
私は昔アイルランド出身のU2が血の日曜日事件と宗教紛争を歌った「Sunday Bloody Sunday」のドキュメントを見ました。
(その歌が大ヒットしたためにU2はIRAの「殺すリスト」に載りました^^;)
やはり日本人からすると「?」と感じる部分は多いですよね。

投稿: Fillipo | 2007年5月 7日 (月) 00時53分

Fillipoさん

家族全員が助かったことは本当に良かったですよね。(義理兄夫婦は見つかりませんでしたが)
この映画のHPで実像の方のその後が載っていて・・・ベルギーでも活躍されているみたいでしたよ^^
>ホアキン・フェニックスだと気付きませんでした・・・^^;
えっっそうだったんですか?リバー・フェニックスの弟・・・ですよね。
えーーーっ私も気づかなかった!あれじゃ気づきませんよね^^;

北アイルランドのことは特に日本人には知られてないかもしれないですね。
それにしても大ヒットして「殺すリスト」に載るなんて・・・あ~恐ろしい!!

投稿: MiKi | 2007年5月 7日 (月) 01時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136861/14950896

この記事へのトラックバック一覧です: あってはならない話:

« 伝統的なお菓子 | トップページ | お城の中の教会 »