« 称名寺 | トップページ | クロコダイルの涙 »

2007年6月23日 (土)

開放的な駅

今回はロンドンではありません(^^)
イングランド南部のリゾート地、ブライトン
やっぱりリゾートというだけあって駅も自然の光が射し込んでとても気持ちがいい!
開放的な駅
私が知ってる限りではロンドンのプラットホームはこんなに明るくないと思う^^;

開放的な駅
駅からまっすぐ(写真の左側から)歩いてくると見えてくる時計台。
ガイドブックには何も書いてなかったけど、けっこうシンボルになるのよ^^
というのもここから私が背を向けているほうへ歩いていくのね、ロイヤルパヴィリオンへ行くには。
そうすると繁華街へも行けるしブライトンピア(海岸)へも行けるの☆

これからの季節、賑やかになる街のひとつだね。

|
|

« 称名寺 | トップページ | クロコダイルの涙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136861/15524693

この記事へのトラックバック一覧です: 開放的な駅:

« 称名寺 | トップページ | クロコダイルの涙 »