« X'mas Tree ⅱ | トップページ | やっぱり今日だった。 »

2007年12月 7日 (金)

暗く重くるしい博物館

ダークなロンドンの歴史だけを紹介している博物館があると聞いて行ってみたところがある。
「ロンドン・ダンジョン」
行列してるとかガイドブックに書いてあったからすぐに見つかるだろうと思ったらまったく解からない(--;)
しかもロンドン・ブリッジ駅の同じ建物でドアはあまり目立たない。
ここかなぁ?と思ってたらそこから人が数人出てきたからここなんだぁ^^と解かったけどね。
入ってみたら少しは混んでてチケット購入後、写真撮影の為に並ぶ。
この写真撮影はよくあるけど・・・ほんと要らないね(笑)
友達と決まったところに立たされてシャッターと同時に驚いた表情をしないといけない。
そして帰りに出来上がった写真を見て、欲しい人だけどうぞ~みたいな。
さてこの写真撮影の後は順路に従って進んでいく。っと、そこはまさに大惨事ばかりを集めた17世紀のロンドン。
ロンドン大火やペスト大流行などを再現していたり拷問や処刑シーン、そして道具も見ることができる。
蝋人形がまたリアルなのよっ!
そしてひと通り見終わった。と思ったら20人ぐらいを1グループにされて、ストーリーテラーみたいな人が現れた。
そしてここからは博物館というよりアトラクション。
違う部屋に移動してこれから起こる悲劇を説明し始める。っとその時、私と友達は怒られました(笑)
すでにその説明する人は役になりきっていて恐い話し方をするのに・・・さらに怒られるなんて^^;
ちなみに怒られた理由は「壁に寄りかかるなー!」
違うよっ寄りかかってないよぉぉぉ。。
その部屋から移動後、処刑に使う電気椅子のようなものに一人選んで座らせたり切り裂きジャックの犯行現場へ案内され、まぁいろいろ手が込まれていたかな。

そして終~了。
けっこう楽しめました☆っがここに行く前にロンドン・ダンジョンを知ってた友達に
「ある程度、英語が解からないと面白くないみたいだよ」と言われた意味が解かった。
確かに後半は話してることやストーリー知らないと楽しくないかもね。
行ってみよう!と思う方はご注意くださいね(^^)

さ~て次に行ってみたいところは「旧手術室博物館」
ガイドブックで見ていたら映画「FROM HELL」で出てきた大学の手術室と同じような写真が載ってたの。
気になるよね~(笑)
ちなみに当時の手術成功率は20%ほどだったらしい。
麻酔もないと同じだし悲鳴がよく聞こえてきたとか聞いたことあるなぁ。
この博物館はロンドン・ブリッジ駅の裏側あたりにあるみたいです。

そしてもうひとつ・・・最近、見つけた「ブリテン・アット・ウォー」という博物館。
戦時下のロンドン(イギリス)を体験できるらしいですよっ^^
地下鉄を防空壕として使われてたのはディスカヴァリーチャンネルの番組で見たことあるけど再現してあると聞いたらやっぱり見たくなるねぇ。
この博物館はロンドン・ダンジョンの隣??気づかなかったけど(^^;)


あーーー長い記事になってしまった。
しかもこの時間帯に書くような内容じゃないわね(n^。^)/



*私は日本に住んでいます(笑)

|
|

« X'mas Tree ⅱ | トップページ | やっぱり今日だった。 »

コメント

あ゛ーーロンドン・ダンジョン行きたかったー>ω<
おいらはいつ行けるのかな…
驚いた表情の写真見たかったなぁ 次は旅の記念でお買い上げしてきてね♪

投稿: fortuna | 2007年12月 7日 (金) 13時56分

fortunaさん

こういう話は好きだもんねぇ、fortunaさん(笑)
>おいらはいつ行けるのかな…
近いうちに行きましょっ!イタリアとセットで一気に周りましょうv(^-^)vってそれが一番難しい?!

記念写真を買うんですか~?(^^;)
あれはちょっと・・・。
けっこうみんな真面目に驚いてるんですよね~。
なんでだろう(謎

投稿: MiKi | 2007年12月 7日 (金) 23時40分

ここも定番なのに行ってないスポットの一つです。
かなり怖そうな場所なんすね^^;
ロンドン大火から建物が木造とかだから燃えるんじゃね?って多くが石造りの建築に変更されたらしいですね。

>次に行ってみたいところは「旧手術室博物館」
なんでこの路線ばっかり・・・(笑)

変わった展示系といえば兄にお土産を頼まれて、imperial war museumってトコに行きました。
クラシックな戦車とか飛行機とか展示してあるんですけど、中庭に戦艦の砲台が直で設置されてました・・・^^;
頼まれたパンフレット買うだけ・・とか思ってたら2~3時間滞在してました(笑)

投稿: Fillipo | 2007年12月 8日 (土) 00時52分

Fillipoさん

そういえばあの街歩きの番組で石造りにしたとか言ってましたよね~。
蝋人形博物館に行くよりも楽しいと思いますよ☆

>なんでこの路線ばっかり・・・(笑)
なんででしょうね^^;
基本的に歴史が好きなのでこういうトコに行くとリアルにその時代の背景を感じられる気がするんです。
ふつうの博物館だとキレイに作られ過ぎちゃって・・・(笑)

>imperial war museum
ウォータールー近くにある戦争博物館です?よね。
2~3時間滞在ってFillipoさんもかなり好きだったりするでしょ(笑)
ここも気になってはいたんですよ。忘れてましたー。
リストに入れておかなければ!です^^

投稿: MiKi | 2007年12月 8日 (土) 02時01分

こちらでははじめまして。よくFillipoさんちですれ違っているLukaです。
自分ちで映画『イースタン・プロミス』の感想を書いたら
Fillipoさんが「MiKiさんも記事書いてた」ってコメントをくれたりしたので
なんとなーくTBさせていただきました。 渋くていい映画でしたよね。

ところで
1年近く前になっちゃったけど、私の数年前のユニコーンの…っていうか
『夢で逢えたら』の記事にコメントくださったの、覚えてらっしゃいますか?
そのお返しで(?)、かなり前の記事にコメントさせていただいてます(笑)

ロンドン・ダンジョン、私も行ったことありまして。大昔ですけど(^^;
むか~し英文学かじって(るフリして)た頃に
ロンドンのこういう影の部分の歴史にすごい興味あったことがあって、
「怖いのヤダ」って嫌がる友人を半ば無理矢理付き合わせた思い出がw
昔のことすぎてほとんど忘れてますけど
「入り口が目立たない」とか、そうそう、あのひっそりした感じが
嘘っぽくなくてよかったんだよな~ って思い出して懐かしくなりました♪
ちなみに、(巻き込んだ友人はペラペラだけど)私は英語てんでダメで
それでも雰囲気と展示物だけで十分楽しんじゃってた気がします。
よっぽど行きたかったらしいです(苦笑)

投稿: Luka | 2008年8月 5日 (火) 00時44分

Lukaさん

はじめまして☆
お久しぶりです。←矛盾してる(笑)
「イースタン・プロミス」ですか!それは大変!
あとでコメントしにお邪魔させていただきますw

>『夢で逢えたら』の記事にコメントくださったの、覚えてらっしゃいますか?
覚えてますよ~。
この番組の記事(本当はユニコーン関連でしたね^^; )見つけたときには嬉しくてコメントさせていただきましたから。

>ロンドン・ダンジョン、私も行ったことありまして。
そうなんですか^^
このあたりの話はかなり面白いですよね、私は大好きです(笑)
ちなみにマザーグースとか知ってますか?あれもかなりヤバイですね。
>よっぽど行きたかったらしいです(苦笑)
私もそんな感じですよ^^;
一緒に行った友達はまったく歴史とか興味ないから「さっぱりわからん!」って顔してましたけど、一所懸命に説明をした覚えがあります。
なんか博物館の臭いとかも当時の再現してんじゃないかなぁって錯覚に陥りました。

ロンドン好きなのでお話できるのはとっても嬉しい!
だから古い記事でも大歓迎ですよ。ありがとうございます♪

投稿: MiKi | 2008年8月 5日 (火) 01時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136861/17294543

この記事へのトラックバック一覧です: 暗く重くるしい博物館:

« X'mas Tree ⅱ | トップページ | やっぱり今日だった。 »