« シルバーストン | トップページ | ブラザーズ・グリム »

2008年7月 7日 (月)

イギリスGP

雨のイギリス(笑)

ポールポジションはコバライネン、続いてウェバー、そしてライコネン。
ハミルトンは4番手スタート。
マッサは9番手です。
スタートはハミルトンが飛び出してきた!
2位のウェバーはスピンしたのかな?大きく後退。
中嶋一貴は15位から13位に上がったがコースアウトしてしまう。
マッサもまた止まってしまっていた。←この後、動き出す^^
そしてベッテルとクルサードがすでにリタイア。
マッサは何があったのか知らないけど調子が悪すぎる…。
10周を過ぎライコネンとコバライネンが入れ代わってる?
どうやらコバライネンがスピンしていた間にライコネンが抜かしたらしい。
ライコネンにとってはありがたい☆スピンだったよねぇ。
この時点ですでにハミルトン、独走。
最後尾から追い上げを見せていたフォースインディアのスーティルは大きくコースアウトして止まってしまった。
そして雨が再び降り始めた。
ライコネンはスピードが思うように伸びずハミルトンは安心して独走、3位のコバライネンに追い上げられる。と思いきやハイドフェルドが2位浮上(笑)
残り25周を過ぎてもレースは落ち着くことを知らず…ハミルトン以外は目まぐるしく順位が変わっていった。
この時点でトップはハミルトン、クビサ、ハイドフェルド。
そして雨が強まってきた頃、ホンダに久々にチャンスか!
次々と滑り出すマシン続出の中、同時ピットインでタイヤ交換したホンダ2台が好調な走りを超久しぶりに見せてくれていた。
しかし雨は止み(゜o゜)\(-_-)
残り20周、良い位置にいたクビサがリタイア。
そしてバリチェロが3位に☆
この頃バトンはコースアウトしてるよ・・・このままリタイアだったっぽい。

最後までやっぱりハミルトン以外は波乱だったこのレースの結果は、

1位 ハミルトン
2位 ハイドフェルド
3位 バリチェロ

ホンダがライコネンをおさえて表彰台へ♪
良かった良かった〜。
中嶋一貴は8位入賞でした。

マッサはどうやらフリー走行でクラッシュしてからマシンの調子が悪かったらしい。

|
|

« シルバーストン | トップページ | ブラザーズ・グリム »

コメント

荒れたレースだったんですね、今年のシルバーストーンは。

3位が凄い・・・ロンドン時代に知り合ったブラジル人の男とF1の話になって「バリチェロって本国でなんて呼ばれてるか知ってる?スリッパだよ」なんで?_って聞いたら「怖くて限界までアクセル踏めないからさ、スリッパなのさ」って言われてたのに・・・。
っていつだったか、この話しましたっけ?

結論から言うとこのレース見なくて良かったという事です(笑)

投稿: Fillipo | 2008年7月10日 (木) 00時31分

Fillipoさん

スリッパ話は初めてだと思います(笑)
ブラジル人らしくないですね、スリッパなんて・・・なさけない。
でも確かにこの人、速いってイメージはまったくないかも。
ちなみにマッサは何て呼ばれてるのかなぁ。
たぶんホンダ側だって本当はバトンにどうにかなって欲しかったと思うんですよね^^;
だってバリチェロは今年末で契約切れるし、そしてまだ更新話はまだ出てないようだし。

もしバトンが表彰台でバリチェロがリタイアだったら「次からは佐藤琢磨で!」なぁんてとんとん拍子にいったかもしないのに・・・って考えてしまいました(笑)

フェラーリは少しチーム全体が崩れていてますね。とか言われてましたよ。。
う~ん、どうなんでしょうね。

投稿: MiKi | 2008年7月10日 (木) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136861/41759209

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスGP:

» 2008F1第9戦 イギリスGP/シルバーストーン [はびのすブログ 〜ブサイクな日々〜]
イギリスGPのお話。来年でシルバーストーンはおしまい。2010年からドニントンになります。F1がついに離れることの涙雨のように、大雨のレース。 [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 16時18分

« シルバーストン | トップページ | ブラザーズ・グリム »