« Flower | トップページ | 古都、Rouen.2 »

2008年7月 2日 (水)

トレインスポッティング

1996年 イギリス
トレイン・スポッティング

薬にまみれながら生活していたマーク・レイトン(ユアン・マクレガー)と仲間達。
しかもアル中からケンカ中毒まで登場してきた(笑)
そんな生活から脱出しようと薬を断ち切る。(12時間後には復活)
そしてある日突然、恋をしたくなって…落ちた……中学生に。
しかも気付いたのは手を出した後でね(--;)
さてその後の彼の未来はあるのか。

なんとも単純おバカな青春映画。
ふつうイギリス舞台だとロンドンだと思うでしょ。これがまたエディンバラなのよね。
まぁ世界遺産の街だって裏事情はあるってことよ(~o~)
途中ロンドンに舞台が移動していくんだけど☆
とりあえず何が懐かしいって…音楽!
むこうのSHOP(洋服屋さんとか雑貨屋さんetc)に入るとよく流れているジャンルのも
のがこの映画でも使われていたの。

結末もなかなかCoolな感じだったよぉ。

|
|

« Flower | トップページ | 古都、Rouen.2 »

コメント

これ!結構いいですよね。
毎度毎度の話なんですけど、最後の終わり方が好きです。
何回か繰り返し見ているんですけど、赤ん坊のシーンだけは気持ち悪くて早送りしてます。

投稿: goleador14 | 2008年7月 3日 (木) 22時54分

goleador14さん

最後は良かったですねー☆
あの友達(写真で言うと右下)とのホテルのやり取りも好きでした。
首振って寝たフリしてくれたところ^^

>赤ん坊のシーンだけは気持ち悪くて
あれは放って置かれて死んでしまったんですね・・・。
私はてっきり赤ちゃんも薬を手にしてしまったんだなぁと思っていました(笑)

彼女から別れを告げられ薬にハマってしまった彼はかわいそうでしたよね。
しかも注射針から感染で死亡でしたっけ?
彼女とのあのビデオを持っていったのはレイトンなのにねぇ。

投稿: MiKi | 2008年7月 4日 (金) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136861/41710914

この記事へのトラックバック一覧です: トレインスポッティング:

« Flower | トップページ | 古都、Rouen.2 »