« ルーブル美術館-un- | トップページ | 魔法にかけられて »

2008年8月16日 (土)

ツォツィ

南アフリカのスラムに住む少年(というか青年?)ツォツィ。
その日暮らしの生活をする彼は仲間たちと悪さばかりをしていた。
時には人を傷つけることだって容赦なく行う始末。
そんなツォツィが盗んだ車の後部座席に赤ちゃんが乗っていて…。

途中で黒人の障害者の人が出てくる。
その人は鉱山で働いていて事故にあったという。
きっとアパルトヘイトの時代だよね。

この映画は南アフリカの貧しい人たちの生活の姿を善くも悪くも色づけされてなくてそのまま描かれてると思うよ。
あまり気分が良くなるような物語ではないし涙も出ない。。
でもこれが現状なら・・・。

ツォツィ=不良

私が今まで知っていた不良たちはそう呼べないかもしれないなぁ(゜o゜)\(-_-)

|
|

« ルーブル美術館-un- | トップページ | 魔法にかけられて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136861/42178962

この記事へのトラックバック一覧です: ツォツィ:

« ルーブル美術館-un- | トップページ | 魔法にかけられて »