« LAST DANCE | トップページ | 輝く夜明けに向かって »

2008年8月 1日 (金)

SHOOTING DOGS

ルワンダの涙
2005年 イギリス、ドイツ 

「ホテル・ルワンダ」と同時期に上映されたこの作品も同様にフツ族がツチ族に行った悲惨な民族虐殺を描いている。
この記事のタイトルは「SHOOTING DOGS」
これは英語タイトルで日本語タイトルとはまったく違う。
実はこれ、けっこう意味のある言葉で日本語タイトルに使われなかったのは残念。

ここではフツ族以外はみんな虐殺の的にされる。
ヨーロッパ人だろうがなんだろうが関係ない。
物語の中でこう言われていた。
「これはナチスがユダヤ人たちにしたことと同じなんだ」
だからフツ族の人もツチ族の人を助ければ殺される。
この部分は「ホテル・ルワンダ」で描かれてました。
ちなみに「ホテル・ルワンダ」と異なる点は生存者をスタッフとして起用していること、そして撮影は現地で行われたそうです。

そしてこんなことも物語の中でBBCの女性記者は言いました。
「ボスニアで見た白人女性の死体を見たときは母親を思い出し涙が出た。でもここではアフリカ人の死体としか思えない。人間って自分勝手よね…」と。

最後のほうは映画としてはちょっとイマイチな気もするけど、これはあくまで役に立っていなかった平和維持軍やあの数々の虐殺が伝えたかったことだから仕方ないのかも。
さまざまな心理描写を垣間見ることができる映画でしたよ。

最近、また重くのしかかるような世界の話を見たり読んだりしている。
またラブコメ見よっ(^^)

|
|

« LAST DANCE | トップページ | 輝く夜明けに向かって »

コメント

ルイスハミルトンってマクラーレンか・・・・ロンデニスって相変わらずですな(笑)いい時だけのフジテレビ&マクラーレンです。
ハンガロリンクはオーバーテイクしにくいサーキットと言われてますが私的にはスパフランコルシャンとは違う意味で面白いサーキットです。
ホッケンハイムもシルバーストーンも昔ほど面白くないですもんね。

投稿: ふぁるかん | 2008年8月 2日 (土) 01時00分

ふぁるかんさん

>いい時だけのフジテレビ&マクラーレンです。
そういえばさっきフジテレビでハミルトン特集してましたね。
でもあんなにハミルトン特集しておきながらレース中はアロンソのほうがエコヒイキされてます(笑)
まぁ私がそう感じてるだけですけどね^^;

シルバーストーンは面白いと感じたことはあまりないですね・・・イギリス好きなんでテンション上がり気味になってますが。
私はジル・ヴィルヌーヴが好きかもです☆

投稿: MiKi | 2008年8月 2日 (土) 01時54分

Mikiさん最近は映画月間なんですね。
私はゆとりの時間が中途半端で・・・ドラマがちょうどいいんですけど、ここ最近は不作続きです。。

この映画もかなりズシンときそうな感じですね。
>アフリカ人の死体としか思えない。人間って自分勝手よね
悲しいがな、何となくこれ解ってしまいます。
CNNとかで今のアフリカの紛争で「○○○人死んだ」って聞いても、もうそれが常識と思ってしまっている自分がいます・・・
しかし八王子で一人の女性が理不尽に殺された事件では「同じ大学だったのか」などと、1ミリくらいの関心はもったりします・・・。

こういう映画は、たまに見て自分を見つめ直す良い機会になるのかもしれませんね。

投稿: Fillipo | 2008年8月 2日 (土) 03時04分

ジルヴィルニューヴですか・・・・19年前私の家に一匹のシーズー犬がやってきまして、元気に走り回りなかなか止まらない姿を見てジルと名付けたのは私です。リアルタイムに走っていた頃は知りませんが、ピロー二との関係が悪化してなければ無理なアタックはしなかったのかなあ。そうだとすればあんな死に方をする事もなかったのかなあ。ジルもティディエ・ピロー二も立て続けに亡くなりチャンピオンになったのがロズベルグの親父ですよ。

投稿: ふぁるかん | 2008年8月 2日 (土) 19時01分

Fillipoさん

先月から映画月間です☆
それにしても知らないうちに録画した映画が何本もあってちょっとびっくり。
しかも周りの人から借りたりもしてるからまだまだ終わりそうにありません。
今月も録りたいのあるんだけどなぁ(笑)
>ドラマがちょうどいいんですけど、ここ最近は不作続きです。。
ないですよねぇ。
毎年このクールは良いのがあまり無いかも・・・たぶん大きなイベントもないし。(クリスマスとか)

アフリカはまだ未知の土地なんですよね。。
だから正直、どんなところでどんな風にどれくらいの規模で起こってるのかが明確には想像できないんですよ。
>もうそれが常識
私も子供の頃からいけないのかもしれないけど、そういうの持ってます。
>たまに見て自分を見つめ直す良い機会
そうそう!それがいいんですよね。
私みたいに一度に見るもんじゃないです(^^;)

投稿: MiKi | 2008年8月 3日 (日) 00時12分

ふぁるかんさん

あのサーキットの外の環境も良いんですよね~。
まったくF1とは関係ないですが^^;

>ジルと名付けた
そうなんですかぁ^^
なんか憎めなさそうなキャラクターのようですね。

>ジルもティディエ・ピロー二も立て続けに亡くなり
こういう頃を知っていると、今はなんとなく物足りないかもしれませんね。
でも息子たちは頑張っています♪(笑)

投稿: MiKi | 2008年8月 3日 (日) 00時29分

ジョディシェクターがチャンピオンになって以来調子の悪かったフェラーリがやっとチャンピオンを出せる年だったのに・・・・逆にフェラーリは長い低迷期に入ってしまいましたからね。
はまっていた頃はF1関連の文献よみあさってましたから昔の事は頭から離れません(笑)。

投稿: ふぁるかん | 2008年8月 3日 (日) 00時45分

ふぁるかんさん

>ジョディシェクター
ちょっとどんな方だか分からなかったので調べてみたところ・・・なるほど~、素晴らしいレーサーだったようで(^^)
どんなに強いチームでも波はありますよね、うんうん。

>F1関連の文献よみあさってましたから昔の事は頭から離れません(笑)。
問題ないと思います(笑)
私は高校生のときに男子バレーにハマッてましたw

投稿: MiKi | 2008年8月 3日 (日) 02時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136861/42026557

この記事へのトラックバック一覧です: SHOOTING DOGS:

« LAST DANCE | トップページ | 輝く夜明けに向かって »