« ネバーランド | トップページ | 季節のご挨拶 »

2008年8月21日 (木)

ブラピ、立ち入り禁止?!

「セブン・イヤーズ・イン・チベット」という映画を知っていますか。
ブラッド・ピット主演で主人公の登山家と若き頃のダライ・ラマ14世との交流を描いているんだけど。

実はこの映画、中国では上映禁止だったんですね。
そして監督&主演の2人は入国禁止になったんだって。
知らなかった。

理由はというと・・・
物語の中で紅軍が意図的に傲慢で無礼な人間として描いているからなんですってー。
あとこんなことも・・・
紅軍兵士がチベット人を虐殺しているようなシーンがあったからだとか。

強~~~く非難したそうですよ。 政府の方々は。。

私はあんたたちを強く非難したいよっ、ふんっっbomb



P.S この映画は大好きなんです、私^^
       だから世界のみなさん、観てみてください☆

|
|

« ネバーランド | トップページ | 季節のご挨拶 »

コメント

そうなんですか(笑)ただブラピが「セブンイヤーズインチベット」に出てる事自体は知ってましたよ。
ハリウッドではチベット関連になるとリチャードギアが出てきますが、ブラピどうなんだろ。話題はアンジェリーナ絡みばかりのような・・・。

投稿: ふぁるかん | 2008年8月21日 (木) 08時29分

この話はわりと聞きますよ。
リチャード・ギアもダライ・ラマの支持者で有名ですね。
この春だったか
ビョークは上海のコンサートで「チベット」って連呼して
警告だか入国禁止だかになったはず。

こういうのを見ると、日本って本当にずるいです。
たとえばアメリカのイスラム圏への侵攻に反対声明をあげる音楽家や文化人はいるけれど、
彼らはなぜか中国のチベット民族弾圧には触れない。一緒なのに。
なんかキンタマ握られてんのか?みたいな感じで
本当に何も言わないからねぇ(汚い言葉ですいません...)。

「セブンイヤーズ・イン・チベット」、いい映画ですよねぇ。
内容もいいし、景色もきれいで好きです!

投稿: ロッキン | 2008年8月21日 (木) 10時16分

こんばんは☆

この映画って何年前にやってたやつでしたっけ??
見てないけど、タイトルはしっかり覚えてます。
しかし、映画の裏にそんな話があったんですねぇ。
中国もオリンピック開催したんだから、もっと変わらないと。

投稿: キング | 2008年8月21日 (木) 23時34分

ふぁるかんさん

生涯、入国禁止って・・・そこまでしなくてもいいと思うんでけどね。
いくら中国政府からみてその映画がそぐわないものだからって(^^;)

>チベット関連になるとリチャードギアが出てきます
リチャードギアはチベット仏教の信者ですしね。
アジアのことは日本を含めよく知っているようですよ、彼は。

アンジーが中国へ行くときには同行できないですね~。

投稿: MiKi | 2008年8月21日 (木) 23時43分

私もこの映画好きですよ。
これでブラピが立ち入り禁止って・・・ずいぶんと狭い世界観ですよね。
それでオリンピックのキャッチフレーズが「one world , one dream」ですからね(笑)
この安物五輪のおかげで北京から追い出された労働者たちのdreamはどうすんでしょうねぇ。

>紅軍兵士がチベット人を虐殺しているようなシーンがあったからだとか
きっと事実だからマズいんでしょうね。

投稿: Fillipo | 2008年8月21日 (木) 23時48分

ロッキンさん

リチャード・ギアはアジアの人たちよりもアジアのことをよく知っています。
たしかベトナム戦争関連の映画にも出ていたしアジアには知り合いも多いようですし。
そうそう、チベット仏教の信者でもありますよね!

>本当に何も言わないからねぇ(汚い言葉ですいません...)。
いえいえ・・・気になさらず^^
たしかに仲良しさはアピールしますけど反発の声は聞きませんね。
近隣諸国だから仲良くしなければならない「何か。」があるのでしょうか。

投稿: MiKi | 2008年8月21日 (木) 23時50分

キングさん

こんばんは~。
1997年の映画です。
もう11年前・・・時が経つのは早いもんです(笑)
この映画は内容もしっかりしているし決して笑えるような映画ではありませんけど見ごたえがありますよ。

>中国もオリンピック開催したんだから、もっと変わらないと。
そうですよね!
今まさにたくさんの人々に見てもらいたい映画かもしれません!!☆

投稿: MiKi | 2008年8月21日 (木) 23時55分

Fillipoさん

立ち入り禁止はやりすぎ!ほんとちっちゃい奴らです!(-。-)

>北京から追い出された労働者たちのdreamはどうすんでしょうねぇ。
最近、よくこういう人たちのドキュメンタリーを目にします。
あと北京の狭い路地にはたくさんの貧しい人々が住んでますよね。
そして開発のために突然、家を取り壊されたり・・・。
あの国はオリンピックなんか開催できるところではないんですよ、本当は。
高度成長をやっとし始めたんですから、もっと他に片付けないといけない問題がたくさんある。っとココでグチっても仕方ないですね、すみません^^;

>きっと事実だからマズいんでしょうね。
今も昔も変わってない・・・そしてここだけじゃなく世界中のあちらこちらに。

投稿: MiKi | 2008年8月22日 (金) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネバーランド | トップページ | 季節のご挨拶 »