« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

君のためなら千回でも

1978年、アフガニスタンのカブール。
仲良しの男の子二人が大きな家に住んでいた。
しかしそれは家主の子供、アミールと使用人の子、ハッサン。
アミールはお話を書いたり読んだりするのが大好きな喧嘩の弱い子でいつもハッサンに助けられていた。
ある日、子供たちの大イベントの凧遊びが行われる。
そこで二人一組のペアで参加のその大会でアミールとハッサンは優勝する。
そして最後に落ちた凧を取りにハッサンがアミールのために走る・・・そしてアミールに・・・
~君のためなら千回でも~
最後の笑顔を見せながら去っていった。
アミールはハッサンを探しに町中を歩き回り、やっと見つけたと思ったらいつもハッサンを侮辱していた子供たちがハッサンを囲んでいた。
襲われているハッサンを助けられないまま逃げるアミールはその後、ハッサンを避けるようになり、ついに親子を追い出してしまった。
アミールの父親はハッサンの父親、アリとは子供のころからずっと一緒に過ごしてきたため追い出したくはなかったがアリはそれを受け入れられず出て行ってしまった。
その後、1979年にソ連のアフガニスタン侵攻がありアミールは父親と一緒にアメリカへ渡る。
そして2000年、作家になったアミールはソラヤという奥さんと一緒に平和な日々を過ごしていた。
そこで父親の友人、ラヒム・ハーンからTELが入る。
どうしてもパキスタンへ来てもらいたいと言われ、情勢も不安定ではあったが行くことに。
病気のラヒム・ハーンとアミールは久しぶりの再会でアミールは「あなたのおかげで作家になれた」と伝えた。
しかしラヒム・ハーンがアミールを呼んだのはただ再会したかっただけではなかった。
どうしても伝えたいことがあったのだ。
それはとても信じられない衝撃の事実だった・・・。

去年公開されたらしいんですけど、知らなかったなぁ。
2003年に出版されて全米で300万部のベストセラー作品を映画化したんですって。
賑わいのあったカブールの街、そしてその後のソ連侵攻からタリバン支配まで時代が変わっていったのがよくわかるように描かれてる。
タリバンの時なんて、サッカーの試合のハーフタイムに公開処刑っっってありえないでしょ!!でもありえたんだから・・・言葉失うよね~。
とりあえずカブールのシーンは中国新疆ウイグル地区で撮影されているそうです。
無理だもんね、今は中国のほうも無理だよね^^;


関係ないけどガンダム見ました。
シローとアイナのラヴなお話でした(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年7月28日 (火)

ロンドンホスピタル

先日、WOWOWで放送されたBBC発のドラマ「ロンドンホスピタル」

1906年、ロンドンのイーストエンドにあったロンドンホスピタルには瀕死状態の人々がたくさん担ぎ込まれてきた。
貧しい人たちが多いこの地域では子供を産んではそのまま見殺しお金を稼ぐ・・・怪我をわざとして入院し退院の時には手土産を稼ぐ?人も少なくはなかった。
そして募金で成り立っているこの病院の資金集めのために少しでも良い記事を新聞に載せてもらうため最先端技術だと誇っていたX線検査を記者に特別見学させたりと理事長は駆け回り、病院内はいつも人でごった返していた。

このドラマは実在した医師の回顧録、新聞記事、病院の記録を基に製作されている。
当時はもちろん衛生面でも問題があって感染症もすぐに広まってしまう危険な場所でもあったのよね。
手術も一か八か!みたいな・・・成功しても合併症が待っていたり手術の時は必ず見学者(医学生など)に説明しながらとかね~すべてが実験みたい。
あっこのロンドンホスピタル(現,王立ロンドンホスピタル)ではドクターとナースの恋愛は禁止で1940年までそんな規則があったみたい。
あとこのエリアは貧民地域!
病院の外にあるゴミには数人が集っているシーンもありました。
イーストエンドの汚さは「オリバーツイスト」やジョニーデップ主演の切り裂きジャックの物語の映画「FROM HELL」でも良く描かれていのよね^^
このエリアはず~~~っと庶民のためのエリアなんだなぁ。

「ロンドンホスピタル」は全4話。
次は3話、4話を放送です。(たしか31日かな)

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

2009年7月27日 (月)

ハンガリーGP

ホンダ時代に優勝したハンガリーなのに最近の転落ぶり・・・
このドラマはフィクションです!のようなこの展開……

ポールポジションは久しぶりにアロンソ。
そしてベッテル、ウェバーと続く。
ちなみにバトンは8番手です。
フェラーリはライコネンが7番手ですがマッサ‥‥‥予選でバリチェロのマシンのパーツがマッサの頭に直撃、記憶を失いコースアウト。
頭がい骨骨折で緊急手術をし、成功しました。
良かった〜(^^)
さてレースですがスタート直後の順位は燃料軽めのアロンソ、そしてウェバー、ハミルトン、ライコネン。
ベッテルはスタート失敗で7番手、バトンは8番手。
しかし復調の兆しのハミルトンはすぐにウェバーの前へ。
12周目、1回目のピットストップ後のアロンソがまさかのトラブル。
右のタイヤがはずれてしまいどんどん抜かれていく。
仕方なくもう一度ピットインしレースに復帰するが結局リタイアしてしまった。
そんな17周目、ペースの上がらないバトンの真後ろに中嶋一貴。
でもごめんなさい!私は日本人よりもイギリス人を応援します!!(笑)
28周目、ベッテルもトラブルで2回目の緊急ピットイン、その後…リタイア。
残り10周、トップはハミルトン、続いてライコネン、ウェバー。
そしてこのままフィニッシュ☆

ハミルトン初優勝でバトンは7位でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年7月25日 (土)

バースデー

なんかカタカナってずっと見てると変な感じ(笑)

きのうはお友達のおうちにお泊りしてきましたo(^-^)o
そして誕生日プレゼント&ケーキを☆  2ヶ月前にすでに年とってますが^^;
バースデー

プレゼントは・・・
英国で一番美しい村々 コッツウォルズ 
という本でした。


いつもありがとう♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年7月23日 (木)

主役はこちら

主役はこちら

白亜のこの美しい建物、サクレ・クール寺院。
モンマルトルの丘の1番上にあります。

そんなすばらしい建物ですが・・・今回の写真の中心はこの方なんです!

続きを読む "主役はこちら"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年7月21日 (火)

本日、イタリアン

久々に高校時代の友達3人と会いました☆

最初にお茶してオーダーしたのはティラミスとコーヒー。本日、イタリアン
ここのコーヒーは深煎りで苦味が効いていてとてもおいしいんです♪

そしてDINNERしよう!と入ったレストランでオーダーしたワインとピザ^^本日、イタリアン
おすすめ赤ワインはライトで甘みのあるイタリアンワイン。
とても飲みやすかったよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年7月19日 (日)

golf

男子の全英オープン、やってますね~。
今回はスコットランドのターンズベリー(グラスゴーから2時間ほど南下したとこ)。
海に面しているとてもすてきな景観です。

あの石川遼くんがタイガー・ウッズと同組ということでちょっと見てみようかなぁと思って見出したら・・・1日目、早朝4:00までしっかり見てしまいました^^;
そしてきのうは次の日が仕事ということで3:00まで。
絶対に予選は大丈夫だろうと思っていたんだけど2日目が良くなくて通算6オーバー、146の85位で予選落ちでした。
そしてタイガー・ウッズも通算5オーバーでメジャー大会では06年全米オープン以来2度目の予選落ちでした。

初めてこんなに真剣に見ましたけど、ゴルフっておもしろいね~☆
ちょっと興味はあったけど、こんなに興味を持つとは(笑)

そして今日は3日目。
ほどほどに見ることにします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年7月18日 (土)

その名にちなんで

2006年 アメリカ/インド 製作

インドのコルカタに住む学生、ガングリーはある日、列車移動中に知り合った男性に「海外に出てもっとほかの世界を見ろ」と言われる。
しかしガングリーはニコライ・ゴーゴリ著の「外套」を読んでいれば旅をしたような気分が味わえるからいい。と思っていたのだった。
そんな会話中、突然の列車事故・・・大多数の死傷者が出る中、この好きな本を握り締め彼は奇跡的に助かった。
その後、アメリカで生活、そしてインドで両親の進める女性とお見合い結婚することに。
彼女はインド人の中ではピカイチな女性!←サリーが良く似合う(^^)
そして結婚後、すぐにニューヨークで暮らすことになり、今までとはまったく違う環境の中で妊娠&子育てを強いられた彼女を助けながらも次第に充実した生活を二人とも送れるようになっていくが・・・。

良いドラマでしたね~。
家族中心の話でふだんの生活を描くからもっと映画として物足りなさを感じるかと思ってたんですけど、そんなことはなかったです^^
最初は父親がメイン、そして結婚前後は母親、そしてアメリカ生まれアメリカ育ちの長男の青春&恋愛etc...といった感じで深いなぁって思うところもありました。

2003年に出版されベストセラーとなったピュリツァー賞受賞作家、ジュンパ・ラヒリの処女小説を、インド出身のミーラー・ナーイルが映画化。
インド映画特有のシーンもちょっぴり楽しめておもしろかったです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年7月17日 (金)

トランスフォーマー

高校生のサムの先祖はとても有名な探険家。
しかしサムは・・・同級生にも名前を覚えてもらえないほど地味な学生。
ある時、やっとの思いで父親に買ってもらえることになり授業終了後すぐに車を見に行く。
そしてそこでなんとも変な動きをし始めたスポーツ・カー。
サムはその黄色いスポーツ・カーに一目惚れし購入。
浮かれたサムはその後、友達と一緒にパーティへ。
そこで苦手な同級生とその彼女、ミカエラに会う。
おちょくられてしまうサムだったがひょんなことからミカエラを家に送るチャンスが訪れる。
しかし購入した車は・・・なんとも気分屋さんでエンストしてしまったり操作が大変。
なんとか彼女を家まで送ることができたが、その晩、突然、車が勝手に家出をしてしまった。
盗まれたと思って追いかけるサムだったが、たどり着いた場所で信じられないものを目にすることに。
それは彼が乗っていた車が変身してロボットに!
そしてそこには仲間も終結。
彼らは大昔の戦いを終結させるために地球に来たと、そしてそのためにはサムの先祖が所持していたメガネが必要だとサムに言うのだった・・・。

今、公開している「トランスファーマー/リベンジ」のCMを見ておもしろそうだなぁと思ったのでとりあえずWOWOWで前回の作品を見てみました^^
やっぱりサムの買った車“バンブルビー”はかわいかった。
声が出なくてラジオから流れる言葉を利用してサムたちと会話したり、一生懸命にボディガードという任命を果たしたりしてお茶目さんで良かったよ~☆

まぁ「トランスフォーマー/リベンジ」を見に行くかどうかは別として、娯楽として楽しめる映画でしたね(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年7月14日 (火)

べーグルアイス

べーグルアイス
きのうBAGEL&BAGELで買ったべーグルアイス『チョコ』

べーグルが甘くないからパクパク食べれちゃいます♪
おやつに持って来いだね(○゚ε゚○)


今日は先日放送していたエヴァの6話~10話を見ました。
アスカ登場でシンジがあんなに感情を出せるようになるとは。
でも面白くなってきました~。
レイとアスカのキャラが違いすぎるのもまた気になるところです^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年7月13日 (月)

ドイツGP

レッドブル、強いなぁ(笑)

ポールポジションはウェバー。
続いてバリチェロ、バトン、ベッテル。
スタート直後、ハミルトンがトップに一瞬出たが…カーブで大~きくはみ出てしまい、そしてトラブルに見舞われ…最後尾?!
そしてこの時点でのトップはバリチェロ、2番手にウェバー、3番手にコバライネン。
11周目、6番手のベッテルが久々に上位にいるマッサに襲い掛かる!
そしてなんとウェバーがスタート時点での(ノ_・。)ミスでドライブスルーペナルティー。
ブラウンGPは最初、2ストップで行く予定だったが前に邪魔され(特にバトン)3ストップに変更する。
しかしレース中盤でバリチェロがどうもトップを守ることが困難と判断…2ストップに急遽変更。だったはずが、失敗(>_<)、、やっぱり3ストップになってしまった。
残り6周、ブラウンGPは5位&6位。

そして結果

1位  ウェバー
2位  ベッテル
3位  マッサ

すごいねっレッドブルw

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年7月 9日 (木)

ハンニバル

録画して見てないものがこれだけになってしまい・・・やっと見ました(笑)
すごくコワイのかと思っててず~~~っと見ないでいたんだけど、意外と見れた。
でも最後のほうは早く結末が知りたくてちょっと早送り^^
あっっっもちろん新鮮なBrainのグリルはしっかり見ましたよぉ。

この映画は「羊たちの沈黙」の続編。
主人公のFBI特別捜査官クラリスはJ・フォスターに代わりジュリアン・ムーアが演じ、レクター博士はアンソニー・ホプキンスがそのまま続行。
物語はこの前作の10年後から始まる。
クラリスはある事件で周囲から非難を浴びることになってしまい休職されられてしまう中、レクター博士を見つけろ!という極秘指令が。
そのレクター博士はというとその頃、イタリアのフィレンツェに司書として潜伏しているのだった・・・。

たしかにジョディー・フォスターが「グロテスクすぎるのでできません」という気持ちは分かる。
でも原作のほうがもっとおかしな方向にいってるみたいだね。


とりあえず見れて良かったですw

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年7月 7日 (火)

ドラマとドキュメンタリー見て・・・

チェコとポーランドの写真を載せてみよう!

ドラマとドキュメンタリー見て・・・
これはアウシュヴィッツの第1収容所。
ナチスドイツはユダヤ人だけに残酷なことしてたわけではないことはご存知のとおりだと思いますが、同じ民族の人たち(特に子供たち)にも悲しい思いを味あわせていたのね。
ドキュメンタリーの内容はアーリア人の血を引く者をたくさん作り出すためにドイツ軍人と北欧系の女性の間に子供を生ませ、その後その軍人は転勤し遠くの地へ・・・そして女性は放置で子供だけ番号を付けて施設で育てる。という話。
その子供たちは偽の名前を付けられて親を知らずに生きてきたというなんとも惨い出来事。
でももしかしたら今もどこかで???なんて考えると一気に気持ちが重くなりますね~。

ドラマとドキュメンタリー見て・・・
こちらはプラハ^^
チェコ リパブリックです。
街のどこでも聞こえてくる音楽・・・景色と共に美しい!
千秋先輩がコンクールで優勝してさらわれた街ですね(笑)
大きな都市にいると忘れがちなこともここでなら思い出せそうな気分になれますよ☆
一度は訪れてみてください。


のだめとナチ関連のドキュメンタリーなんて違いすぎるんだけど、私の持ってるSDカード1枚にこの二つの物語に出てくる風景が入ってるw
まぁ仕方ないんですけどね。
このときはのだめは予定外だったんだもんっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年7月 5日 (日)

ダージリン急行

父親の死から1年、会わずにいた3人兄弟。
長男、フランシス(オーウェン・ウィルソン)はバイク事故で死にかけたときに思い出した2人の弟たちとまた絆を取り戻したくインドの旅へ二人を誘った。
そして次男、ピーター(エイドリアン・ブロディ)と三男、ジャック(ジェイソン・シュワルツマン)とフランシスはインドのダージリン急行の中で落ち合うのだった。

全編、インドが舞台。
日常のインドの風景がそのまま見れました^^
インドらしいとか文化をわざとらしくとか脚色はまったくなし。
そのままのインドが出てたと思います。
そのなかでアメリカ人3兄弟が繰り広げるコメディ・・・けっこう楽しい。
真っ白に着飾られたインドの田舎のお葬式とアメリカの都会の喪服・・・こんなところも目で一目見て感じられるようになってる。
こんなことは普通の手法なのかもしれないけど、こういうコメディで効き目ありだったよ。


*ナタリーポートマンが出演してるとは思いませんでした。
   まったく気づかなかったもんでちょっとびっくり(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年7月 3日 (金)

フォートナム&メイソン

久しぶりにMM21にあるフォートナム&メイソンへ行ってきました。フォートナム&メイソン

ここのベーカリー&ショッピングコーナー付カフェレストランはもちろんロンドンにあるフォートナム&メイソンより規模は小さいけどお味はなかなかのものでスコーンはやっぱりおいしい~♪
ちょっと小さめなところも私たち日本人には良いのかも^^

そしてこの後は横浜にオープンしたBritish PUB「HUB」でギネスとサイダーを飲み・・・プチ英国旅気分w
楽しかったよぉ。

あっそういえばさっき久しぶりに「のだめカンタービレ」を見ちゃった!
そしたらね、なんとエリーゼが吉瀬美智子さんだったの!!
この人ってブラッディマンデーではあの美人教師で最近ではBOSSに出てた人だよね。
気づいたときはもうほんとビックリ。


っっっていうか今さらでしたね・・・失礼しました。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年7月 1日 (水)

夏になりました^^

まだまだジトジトな感じですけど、気分は夏ということで “ひまわり”

本当は湿気の多い夏は好きじゃないんだけどね、さっきTVでマルタの街並み見てたらいいなぁって思っちゃったのよね!
ただそれだけなんだけど^^;

話し違うけどきのう初めてエヴァンゲリヲン見ました~。のはいいんだけど内容が良く分からないの。
でも3話一挙放送されちゃって・・・しかも1話だけ見ちゃって・・・気になったからワンセグ録画して見ちゃった☆

感想は、、、  話の先が気になります(笑)  以上!


はたして私はこれからエヴァを見るのでしょうか(謎

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »