« バースデー | トップページ | ロンドンホスピタル »

2009年7月27日 (月)

ハンガリーGP

ホンダ時代に優勝したハンガリーなのに最近の転落ぶり・・・
このドラマはフィクションです!のようなこの展開……

ポールポジションは久しぶりにアロンソ。
そしてベッテル、ウェバーと続く。
ちなみにバトンは8番手です。
フェラーリはライコネンが7番手ですがマッサ‥‥‥予選でバリチェロのマシンのパーツがマッサの頭に直撃、記憶を失いコースアウト。
頭がい骨骨折で緊急手術をし、成功しました。
良かった〜(^^)
さてレースですがスタート直後の順位は燃料軽めのアロンソ、そしてウェバー、ハミルトン、ライコネン。
ベッテルはスタート失敗で7番手、バトンは8番手。
しかし復調の兆しのハミルトンはすぐにウェバーの前へ。
12周目、1回目のピットストップ後のアロンソがまさかのトラブル。
右のタイヤがはずれてしまいどんどん抜かれていく。
仕方なくもう一度ピットインしレースに復帰するが結局リタイアしてしまった。
そんな17周目、ペースの上がらないバトンの真後ろに中嶋一貴。
でもごめんなさい!私は日本人よりもイギリス人を応援します!!(笑)
28周目、ベッテルもトラブルで2回目の緊急ピットイン、その後…リタイア。
残り10周、トップはハミルトン、続いてライコネン、ウェバー。
そしてこのままフィニッシュ☆

ハミルトン初優勝でバトンは7位でした。

|
|

« バースデー | トップページ | ロンドンホスピタル »

コメント

なんだかマッサが大変なことになっていたらしいですね。
ニコ動で事故の映像見ましたけど、これは怖い。
あんなパーツでもヒットした時の威力が時速250KMの中だと数十倍に増幅されますからね。
ブラウンもああいう車を走らせてる事は、責任問題だと思いますよ。。

マッサは使えないドライバーだと思いますが、久々に可哀相に思えました。

投稿: Fillipo | 2009年7月30日 (木) 01時37分

Fillipoさん

マッサはほんと大変でしたよね!
パーツの大きさは握りこぶしくらいだったらしいですけど・・・恐ろしい凶器になってしまって。

>ブラウンもああいう車を走らせてる事は、責任問題だと思いますよ。。
あっっっごめんなさい。。って私が謝ってもどうにもなりませんよね^^;
とりあえずまだまだ問題多しブラウンGPって感じでしょうか。

そういえばマッサは順調に回復しつつも今季は絶望らしいので代わりに「アロンソ」という噂も。
まぁハンガリーに関していえばアロンソもPP獲得しながらもチームクルーのミスのおかげでリタイアになってしまったかわいそうな人でしたね。

このハンガリーで喜んだのはハミルトンとライコネンぐらいかな。
ライコネンはまたガブ飲みしてたみたいだし(笑)

投稿: MiKi | 2009年7月30日 (木) 02時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136861/45752550

この記事へのトラックバック一覧です: ハンガリーGP:

« バースデー | トップページ | ロンドンホスピタル »