« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月30日 (金)

Doughnut

Doughnut

アメリカのドーナツ屋さんが横浜にも登場!っというわけで連日、長蛇の列ができております。
そんな人気のドーナツ屋さんで私も買いました〜♪

Doughnut

一番上の左側はパンプキンクリームがのっていて今だけの限定品みたいです^^
しかし私が食べたのは一番下のバニラクリームとチョコがけカスタード入りドーナツなので味は分からないの^^;
ここのドーナツを食べた人たちからは「すっごく甘いよ~」って言われてたから覚悟して一口食べてみたけど・・・問題なし!(^-^)!
パリのスーパーの前で買ったドーナツのほうが数段甘かったよw

そういえば数年前に英会話のイギリス人の先生が「Krispy Kremeの最初の文字がKになってるからアメリカなんだよねぇ」って言ってたのを思い出しましたが・・・これって実はちょっとバカにしてたのかな?(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年10月29日 (木)

バンクジョブ

2008/イギリス

1971年、ロンドン。
中古車ディーラーのテリー(ジェイソン・ステイサム)は経営難で苦しむ日々。
そんな彼の元に旧友であるマルティーヌ(サフロン・バロウズ)という女性が現れる。
彼女はとっておきの話があるとその夜、彼を呼び出す。
その話とは・・・銀行強盗!
テリーは他の仲間たちと一緒にやってみないか!とお持ちかけられるのだった。
迷うテリーたちだが資金作りに困っているのは事実。
彼は仲間と一緒に実行することを決意する。
そして詐欺師やトンネル堀のプロ?とも手を組んで計画、銀行侵入に成功。
しかし様子のおかしいと前から怪しんでいたマルティーヌがある金庫だけを目当てだったことに気づくテリー、そしてその銀行のたくさんの金庫から世の中に出ては不味いものがたくさん発見されるのだった。。


これはイギリスで本当に起こったイギリス最大と言われている強盗事件を基に作られた物語。
裏社会から政府、警察、そして王室までもが関わってくるスキャンダラスなモノがたくさん発見された事件。
地下鉄とかロンドンの街がたくさん見れるからとっても面白い!っていうのは私だけであっても^^;・・・スリルもけっこうあるし内容もしっかりしてるから実話を基にした割にはよかったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月27日 (火)

ヒホン×R.マドリード

前半は0-0だったようですね。
なんかまた時間を間違えてて録画できませんでした(^^;)
さて後半7分、マドリーにチャンスが訪れたがキーパーがナイスセーブで先制できず…。
20分にもチャンスあったけど、やっぱりダメ(ノ_・。)
しかもあまりおもしろいゲームじゃない。っということで終了。

スコアレスドローでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年10月22日 (木)

朝ごパン

最近、お米があまり食べれなくなってきました^^;
おいもやパンのほうが食べやすいしおいしくいただけます。
もちろんパスタも大好き♪

そんなことはさておき。。。

日本への帰り道、シャルルドゴール空港へ朝早くに行かなくてはならなくて…ホテルの朝食を食べ損ねた悲しいある日の朝ごパン。

朝ごパン
クロワッサンとショコラ(ホットチョコレート)です。
フランスの空港だからと思って『ショコラ』って言ってあげたのに『ホットチョコレー
ト』って言い直された(笑)
なんてヤツだwww

このあとヒースロー空港でランチして日本帰国となったのでした。

なつかしいなぁ(*^ω^*)ノ彡

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年10月20日 (火)

R.マドリード×バジャドリード

時間を間違えてしまって前半14分から見ました。
もうすでに1点入ってたのね(笑)←ラウールが先制入れてました。
そんなこんなで18分、マルセロが左サイドからゴール前へ…
すると走ってきたラウールがゴール♪
わぁ2点目だよV(^0^)
しかしです!
29分、バジャドリードがFKで1点を返す。
ロスタイム、マルセロが強力シュート!!
ここで前半終了。
後半8分、バジャドリードのマルキートスが2点目を決める。
34分、途中出場のイグアインがシュート(^^)
4点目^^

40分にはあわやゴールされそうなシーンもありましたが…勝ちました。

どこか不安なんだよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月19日 (月)

ブラジルGP

ポールポジションはバリチェロ、続いてウェバー、スーティル。
バトンは14番手です(T0T)

最初早々、6番手だったライコネンが3番手に出てきたがすぐ近くにいたトゥルーリとスーティルが接触…セーフティーカーが入る。
この二人はマシンを降りたあと口論。
そしてこれとは別に後方でハミルトン&フィジケラも接触があった。。
バトンは幸いにもこのハプニングで9番手に(^^)
このあともバトンはアルグエルスアリと中嶋一貴をオーバーテイクし初参戦の小林可夢偉に近づき25周あたりで前に出た。
残り23周、バトンは4位にバリチェロは2位に!
あっトップはウェバーです〜。
残り16周でピットストップしたバトンは戻る位置が悪く7番手になってしまった。
しかし今回のバトンは攻撃的☆
そしてバリチェロ&ベッテルが不幸に見舞われ…4位。

1位 ウェバー
2位 クビサ
3位 ハミルトン

そしてこのブラジルGPでバトンがワールドチャンピオンになりました♪
あ〜〜〜嬉しいO(≧∇≦)o

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年10月14日 (水)

ただ今、放送中

先週から日テレで放送している「君に届け」

マーガレット系らしいんだけどけっこうおもしろい^^

クラスの目立たない幽霊みたいな女の子が成長していく?物語w

素直で鈍感で・・・なんかおもろかわいいんですよね☆

カイジの前の放送だからそう思うのかもしれないけど~www


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年10月13日 (火)

ベガスの恋に勝つルール

いつも元気で計画好きなキャリアウーマンのジョイ(キャメロン・ディアス)と女性大好きで遊び好きのジャック(アシュトン・カッチャー)のロマンティックコメディ!

ある日ジョイは彼氏の誕生日にサプライズパーティーを計画。
彼のマンションでたくさんの友人と彼の帰りを待っていた。
すると帰ってきた彼に突然、別れを切り出される。
もちろん友人たちも聞いていて・・・結局、失恋しまった。。
一方、ジャックは働いている会社の社長であり父親に解雇されてしまう。
そんな二人が気晴らしと大金を求めて行った先が・・・・・

(ラ ス) ベ ガ ス ~

出会いはダブルブッキングされていたホテルの部屋。
そしてひょんなことから酔いつぶれて結婚、愛の誓いをしてしまった。
けんか別れした直後、彼女のクウォーター(25cコイン)でスロットをした彼はなんと300万ドルを当ててしまう。
お互いに自分のだと主張、そして裁判、最後には6ヶ月強制結婚生活をさせられることになり、どうにか全てを自分のモノにしようとふたりの駆け引きが始まった。


ハリウッド大好きな典型的なラヴコメ^^
でも悪くないですね~。
2時間ないから疲れないし、テレビのドラマ感覚で見れるからおもしろかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月12日 (月)

Wedding Ceremony

Wedding Ceremony

この青空のもとで行われた挙式はとてもステキでした♪
今まで何度も結婚式に出席したことあるけど、室外は初めてだったなぁ。

Wedding Ceremony

そしてその後はレストランでパーティーでした^^
レストランでの披露宴はおいしいもの堪能できるから好きなのよね(笑)



いつまでもお幸せに☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月 9日 (金)

パーフェクトワールド

1963年、テキサス州の刑務所にいたブッチ・ヘインズ(ケヴィン・コスナー)は仲間の囚人の一人と脱獄した。
車で逃げていた二人はある家に押し入る。
そこはエホバの証人の信者で母子家庭の家だった。
仲間のテリーは家に男がいないと知ったとたん、3人姉弟の母親に手を出す。
そしてそれを最初に見た男の子、フィリップは母親を助けようとする。
しかしテリーはフィリップを殴り倒してしまう。
後から来たブッチはそれを見て、逆にテリーを殴り、二人はフィリップを人質にし車で逃走し始めた。
その後もテリーはフィリップをいじめ続け、ついにブッチはテリーを殺してしまったのだった。
ここからブッチと8歳のフィリップの二人旅が始まり、絆を深めていく・・・。


けっこう淡々と進んでいくんですけど、最後は涙が出ちゃいました。
ブッチが子供のころに受けた深い心の傷や子供なのに子供らしくみんなと過ごせないエホバの証人の信者の家庭で育ったフィリップの寂しい気持ちとか物語の中でうまく表してると思う。
またブッチを追う警察署長のクリント・イーストウッドが所々で重要な話をするのもまたある程度、重みのある作品にもなってるのよ。

1993年の作品なのでかなり古いけど、良いロードムービーでした^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月 6日 (火)

セヴィージャ×R.マドリード

前半は完全にセヴィージャペース…。
し33分、ヘスース・ナバスが決めてセヴィージャ先制。
マドリーは耐えてるだけ?(苦笑)
後半早々、危ないシーンを見ることになったが、カシージャスがまたまた壁になってくれて2点目は免れた。
そして4分、グティのFKからペペのヘディングで同点〜。
前半よりは攻撃できるようになってきた。
しかし21分、レナトが決めセヴィージャ2点目。

負けました、レアル マドリード。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月 5日 (月)

日本GP

予選から大波乱?
おっ!佐藤琢磨がいる!!

さてポールポジションはベッテル、続いてトゥルーリ、ハミルトン。
バリチェロは6番手、バトンは10番手。
スタート直後、ベッテルは順調にトップを守り飛ばす飛ばす(笑)
2番手はハミルトン、そしてひとつ順位を落としたトゥルーリ。

なぜかすごい眠くて…ほとんど見てなく……ウトウト~ってしてたら、、、

残り14周、2回目のピットストップで3位だったトゥルーリはハミルトンの前で戻ることができ、大歓声が起きていた。
ここでやっと目が覚めましたヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
残り8周でトロロッソのアルグエルスアリが大クラッシュ!
ここでセーフティーカーが入る。

しかし順位が大きく変わる事なく…

1位 ベッテル
2位 トゥルーリ
3位 ハミルトン

でした。

ブラウンGPはバリチェロ7位、バトン8位で日本GPでバトンのワールドチャンピオン決定とはいきませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年10月 4日 (日)

かちゅーしゃ☆

かちゅーしゃ☆
年甲斐もなく買ってしまいました(笑)

なんか変化をつけたくて…。
でも白いほうは友達の結婚式以外では使えないかなぁ。
この際、みんなには歳を忘れてもらおう(≧∇≦)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年10月 2日 (金)

かけひきは、恋のはじまり

1925年、アメリカには野球以外でもプロリーグのスポーツがあった。
フットボール⇒アメリカンフットボール。

プロチーム“ダルース・ブルドッグス”のベテラン?選手、ドッジ(ジョージ・クルーニー)は弱くて解散寸前のチームのチャプテン。
ある日、突然の解散を告げられ悩むがなんとかチームをまた再生させようと考えていた。
そんなときに喫茶店で聞いたラジオからあるアイデアが浮かび上がる。
それはプロリーグとは対照的に人気のあった大学フットボールのスター選手カーターを自分たちのチームに呼ぶこと!
そこでドッジは彼に会いにホテルまで行ってみる。
しかしアポは取れない。
するとふと見上げたところに魅力的な女性を見かける。
ドッジは誰かと話している彼女の隣に座り話を盗み聞き。
そして口論・・・そんなところに偶然、ドッジの会いたかったカーターとマネージャーのC・Cが現れた!
幸運だと感じるドッジ。
実は彼女は敏腕記者レクシーでカーターの取材に来ていたのだった。

この後の展開はまぁトントン拍子で進んでいくわけで^^
それなりに楽しめるテンポの良さです。
でもやっぱりこの人(ジョージー・クルーニー)が制作に関わる作品ってどこか物足りない。
収まりが良すぎちゃってるっていうかまとまり過ぎっていうか・・・。
私はレニー・ゼルウィガーが好きだからいいんだけどね(笑)


次のラヴコメ系の映画は・・・・・「ベガスの恋に勝つルール」でも見ようかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »