« Happy X'mas | トップページ | Happy New Year(^^) »

2012年12月27日 (木)

映画「レ・ミゼラブル」

舞台は19世紀のフランス。
パンを一つ盗んだ罪で19年の服役についていたジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は嵐の中「フラッグを持って来い」という警官のジャベール(ラッセル・クロウ)の言葉を最後に仮釈放される。その時、ジャベールから「一生、仮釈放中だ。逃れられない」と言われ、外に出たあとも貧困の日々を送ることとなる。ある日、老人の司教に食べ物と寝る場所を提供してもらうバルジャン。しかしそこで銀の食器を袋いっぱいに詰めて姿を消す。翌朝、捕らえられて司教の前にさし出された、バルジャン。司教は「私があげた物だ」と言いながら高価な燭台までも渡そうとし、バルジャンは改めて自分の愚かさと人を信じる心を取り戻し、改心することを決意する。
数年後、名前をマドレーヌと変えて工場を経営、市長となっていた。
そこで働いていたファンテーヌ(アン・ハサウェイ)・・・借金があり子供がいると騒ぎになり、このことがきっかけで解雇されてしまった。やがて身を売ることを決意、彼女の運命はどん底へと落ちていく。そのころジャベールが町に赴任してきてバルジャンは気が気でなかった。ある日、バルジャンは町で騒動に巻き込まれているファンテーヌを見かけ助けることなり自分がおろそかにした騒ぎがきっかけで彼女がこうなったことを知る。そしてファンテーヌは病にかかり、バルジャンは彼女の幼い娘コゼットを育てることを彼女に誓った。
市長・マドレーヌをバルジャンではないかと怪しみ追い掛け回すジャベール、そこから逃げ、そしてコゼットを育てていくバルジャン。物語は激動の人生を描いていく。


見てきました~(^0^)
今まで「ムーラン・ルージュ」「スウィーニー・トッド」「マンマ・ミーア」「オペラ座の怪人」とミュージカル映画見てきたけど、こんなにストーリーが響いてきたものはなかったかも!
だいたい少しは歌が違和感あったりするものだけどスケールの大きさだけじゃなくて言葉の重みからくる迫力はハンパなかったしミュージカルでは見られないなぁ~あれは☆

ずっと気になってた物語だったからミュージカル完全映画化してくれてありがとう!
さてさて今度はNYに行ってミュージカル見てこようかな^^それともLONDONかな(笑)

|
|

« Happy X'mas | トップページ | Happy New Year(^^) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136861/56401948

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「レ・ミゼラブル」:

« Happy X'mas | トップページ | Happy New Year(^^) »