India

2009年1月28日 (水)

3.8円

3.8円
これだけ残ってました。
3.8円


たった1枚だけ^^
しかも1ルピー・・・当時(ミレニアムかな^^ )約3,8円。
なにも買えませんw

インドルピーは日本では両替不可。
だからドルに両替してインドに持ち込み・・・向こうの両替所でルピーに両替。
円→ルピーでも良いけどレート悪いからやめたほうがいい!
両替所もトーマスクックが無難かな。
それと切れてるお金は必ずその場で別のお札に交換!
なぜなら切れてるお金は誰にも受け取ってもらえないから~(°°;)))オロオロ(((;°°)~
あっそうだっ!!
ドルを持っていくときはできるだけ小さな1ドル札、5ドル札にしましょうね☆


たまには別のお金を見るのもいいもんだpig

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年4月15日 (火)

聖なる川

聖なる川

いつも巡礼者たちで賑わっているガンガーだけど、1日のうちの数時間だけ異様なくらい静かな時間を過ごすのです。
それはだいたい3時のおやつぐらいから日が暮れるまでかな。
私はその物静かな時間にボートに乗ってたのでした。
こんな貴重な時間に川の上にいるなんて本当に幸せだわ〜。っとこの町のことをまったく知らない私が思うわけもなく逆に早朝からお祭り騒ぎになってるほうが不思議に感じてた^^;

でもねぇ朝日が出たら賑やかなのは当たり前で…ツアーで行ったらボートから沐浴風景を見るらしいんだけど、それもこの時間なんだって。
朝が弱い私にはムリムリ(笑)
しかもそんなガンガーだって混雑なわけでしょ!
ちょっとイヤだなぁ。。

その静かなガンガーの写真がこちら☆
聖なる川
ガンガーとボート漕いでくれてる人のシルエット。

この時間のほうが、現地のくつろいでる人やボートで遊んでる子供、それに川に浮いてるものや火葬場・・・いろんなモノが落ち着いて見れるから良いと思う。
でもそれはやっぱりペナレスの隣の駅に降りるのをおすすめかな。
私たちの場合はそうなるを得なかったんだけど(^^;)


良い思い出ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年11月30日 (金)

A PASSAGE TO INDIA

「インドへの道」 ←日本語タイトル^^

長い映画です。2時間30分はありました。。

舞台は英国植民地時代のインド。反英運動が盛んになっていた頃。
フィアンセに会いにアデラは彼の母、モアと一緒にインドへ行く。
到着した途端にザワザワ(これぞNoisy!)と人込みにもまれながら列車に乗り彼のもとへ。
すると、、、到着したそこはインドの中のイングランド。
彼女たちは船から降りたときのようなあの賑やかな街や人たちに会い、そして本物のインドを知りたかった!
しかしインド人たちは召し使いにしかならない…そう考えているフィアンセを始め行政の英国人たちには理解できない。
そんなある日、モア夫人は心優しいアジズという医者とモスクで出会う。
そして3人は少しずつ交流を持っていくが……。

この映画は時々すごいドキュメンタリーな映像になる(笑)
ハレンチな石像?(カジュラホーという町にはエロティック彫刻で有名な寺院が本当にある)が出てきたり凶暴なサルたちがアデラを襲おうとしたり…もう大変!!
実際、私が滞在した近くにもサルたちが住んでる寺院があって襲われないように注意!とガイドブックにも書いてあったし…。
今もこの映画の英国統治時代も変わってないのよね。
あとね〜インド人のあのお医者さん、大変危険な橋を電車で移動中、なんとアデラ&モア夫人の席まで外から移動してきた( ̄▽ ̄;)
たぶんね、それも今でも日常茶飯事よっ(笑)

な〜んか久々にインドの文化に触れちゃったなぁ。
インド人たちが自然にヒンドゥ語と英語を使い分けるところなんかも、またニクイよねぇ\(^^:;)
知ってる???これってヒンドゥ語で口合わせして英語で観光客をだましてんの(^0^)/ 
↑あくまでも私が経験したことなので映画とは無関係よっ。

<NOTICE>
この映画はお笑いではありません^^;
ちょっとまじめな映画だと思います・・・じゃなくて「まじめな映画です」だった☆
エヘヘッ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年10月27日 (土)

どこが歩道?!

今月初めに「ガンジス河でバタフライ」というドラマが放送されてましたね〜。
何人かの人に「MiKiさんと話してたのと同じ事が起きてましたね~。」と言われました。
たしかにね~、このドラマの原作はエッセイでしたっけ。
リアルに描かれてたんじゃないでしょうか(^^;)
どこが歩道?!
そこでこんな写真を載せちゃいます。
どうですか、このゴチャゴチャ感はっ(笑)
車道だろうが歩道だろうがそんなことインド人には関係ないんですね☆
どこが歩道?!
上の写真のたてヴァージョン。というか気づかずに載せちゃいました。
別写真なかったのかなぁ~(^^;)

一応、横断歩道もあったみたいだけど・・・使ってる人いなかった!
ほかの大きな道でも渡ってたし、車線とかもあったかどうか。。
そういえば対向車はどうしていただろう。
なんか考えられないほど酷かった気がする!Σ(×_×;)!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年9月13日 (木)

ラール・キラー

ムガール帝国の都、オールドデリーに建てられたラール・キラーは別名、レッド・フォートと呼ばれています。
ラール・キラー
このお城は赤砂岩を利用して建てられたため、レッド・フォート(RED FORT)と呼ばれているとか。
写真では解かりにくいでしょ、すみません。。
なぜなら私が訪れた、そろそろミレニアムを迎えるという31日は・・・。
珍しく朝以外でも霧が出て前が見にくいという異常気象に見舞われたのです。
年明けてからもこの天気は変わらず・・・タージマハルを見に行った時も真っ白(^^;)
なんだよー、せっかく来たんだから見せてよーーー!と友達と言っていた覚えがある。

ラール・キラー
これがお城の中。
とっても汚い^^;  ゴミが散乱してる。
でも土地は広くてねぇ、建物も立派だったと思う。

ムガール帝国は何代も続いた長い王朝。
イスラム教とヒンドゥー教が融合できたのも第3代以降、実現したそうです。




インドって凄いよね、イスラムもヒンドゥーもアクの強い宗教なのにある程度お互いにうまく生活してるんだよ。
このほかにもシク教とかもちろん仏教とか・・・いくつもあるけど、普通に生活できるようにお店とかも対応してるもんね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年11月11日 (土)

写真だけ〜(^O^)

写真だけ〜(^O^) 

ペナレス駅・・・インド人はカメラを向けると絶対にこっちを向く。笑える^^;

写真だけ〜(^O^)

ガンジス川沿いにある家。牛ももちろん住んでるよ☆

写真だけ〜(^O^)

たしかペナレス駅のとなりの駅、ムガル・サラーイ駅。
プラットホームでの商売が盛ん?!

写真だけ〜(^O^)

デリー市街の建物の柱(笑)
そのとなりの店は???ラッシー(ヨーグルトシェイクみたいなもの)屋さんかな。


インドでは埃が多くカメラやフィルムがダメになると聞いていたため、フィルム1本しか持って行きませんでした。
なので以前このブログで載せた写真もあるかもしれません(。。)
あと写真も良くないですね・・・申し訳ない!

本当は私の頭の中をお見せしたいくらいなんですけど(^-^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年11月 4日 (土)

Good?experience.5

これで思い出してしまったおかしな話も終わります(笑)

インドってすごい!?
いや~たぶんこの周辺の国の旅行はこんなもんなのかもね^^

では最後のGood?experienceをどうぞ。

続きを読む "Good?experience.5"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年10月28日 (土)

Good?experience.4

もうGood?experience.4まできましたね。
タージ・マハルで有名なアグラに着いて2人旅が始まったインドの旅。

ここではちょっと頭のいいインド人ガイドと出会う。

しかしやっぱりハチャメチャな旅になったのは変わりはない。

では1泊2日のアグラのハプニング話をどうぞ^^

続きを読む "Good?experience.4"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年10月22日 (日)

噂の(¨;)

噂の(¨;)

きのうの記事のあの電車の中…私が寝ていた3段ベッドの1番上から撮影。

揺れてたからボケ写真だけど、ひどいゴミが見えなくてちょうど良かったかも( ̄▽ ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年10月21日 (土)

Good?experience.3

インドの旅は中盤になり・・・電車の移動は一大事だぁ~。

と言うことで暇つぶしになれば嬉しいです


ではどうぞ

続きを読む "Good?experience.3"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧